性別による育毛剤の使い分け

Corporate Design

脱毛症状は、男性ばかりに起きるものではありません。女性であっても薄毛や脱毛症上に悩む人もたくさんいます。女性の抜け毛や脱毛症状は男性とは全く原因が異なるものなので、育毛剤を使用するときには注意が必要です。女性の脱毛症状の改善のためには、女性専用または男女兼用の育毛剤を選びましょう。
男性の脱毛症状は、主にAGA(男性型脱毛症)と呼ばれるものです。AGAでは、25歳くらいから体内で分泌量の増えるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの働きにより、額や頭頂部の髪の毛が薄くなったり生えなくなってしまいます。女性の場合は、抜け毛症状が出ても男性のようになることはありません。
女性の抜け毛症状の主な原因となるのは、加齢などによる頭皮への栄養不足です。出産や病気などにより、頭皮へ供給される栄養分が不足してくると、髪の毛のハリやコシがなくなってゆき、密度も薄くなってしまいます。また、若年時に髪の毛を強く引っ張るような髪型を多くしていた場合などにも、年をとってからその引きの強かった部分の髪の毛が生えにくくなることもあるようです。
男性と女性の抜け毛症状で共通しているのは、遺伝的な要因が大きいということです。近い家族内に抜け毛や薄毛の進行が早かった人がいた場合には、比較的若いときから薄毛や脱毛の症状が出る傾向があるようです。自分が抜け毛症状が出やすいと思う人は、早目に育毛剤など対策をとるようにしておきましょう。

※育毛シャンプーなどが買える通販サイトならココがお薦めです