薄毛の原因となるストレス

Corporate Design

「毛は血餘なり」という中国の言葉があります。「血餘」とは「血余」とも書かれ、血液の中の余った部分ということを示します。つまり、毛髪を作っている栄養分は、体の他の部分に使われたあとの余り物ということです。毛髪は、その人の見た目には大きく関係がありますが、薄毛や脱毛症状によって生命に関わるような健康への害があるわけではありません。
体内の栄養分はまず生命の維持に必要な器官を動かすために使われ、その後余ったものが髪の毛を使うために回されます。つまり健康な毛髪を作るためには、体の他の部分が健康でなければいけません。
育毛剤の多くは、頭皮部分に栄養を運びやすくするために血行促進をしたり、新陳代謝を高めるための効果を持っています。これらは育毛効果はもちろんですが、血行促進や新陳代謝による体内全体の健康増進にも役立ちます。
脱毛や薄毛の原因として、体内の健康不良も大きな関係があります。病後など体力が著しく落ちているときにも薄毛・脱毛の症状は発生します。また、精神的に大きなストレスを受けている状態のときも症状が進みます。急激に強烈なストレス状況下に置かれると、円形脱毛症が発症する場合もあります。ただし、ストレスの原因がなくなり心理的に落ち着きを取り戻すと、一時的な脱毛症状は自然と回復をします。ただし慢性的なストレスはそのまま薄毛・脱毛の進行にもなってしまいますから、リラックスできる時間を作るなど工夫をしてストレスを減らすようにしましょう。